豊中市の不動産|有限会社大黒住販 > 有限会社大黒住販のスタッフブログ一覧 > 不動産の「買取再販」とは?不動産仲介業との違いも解説

不動産の「買取再販」とは?不動産仲介業との違いも解説

≪ 前へ|「不動産買取」はどんな流れで進めたら良い?3つの場面ごとにご紹介   記事一覧   「一般団信」とは?要件や特約の内容についても解説|次へ ≫

不動産の「買取再販」とは?不動産仲介業との違いも解説

不動産の「買取再販」とは?不動産仲介業との違いも解説

所有している不動産の売却を検討するなかで、「買取再販」という言葉を目にする方も少なくないかと思います。
しかし、「買取再販って何?」「仲介とは違うの?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は「不動産の買取再販」について、その概要や不動産仲介業との違いに加えて、不動産買取再販業者に売却するメリット・デメリットを解説します。

不動産の「買取再販」とは?

不動産の「買取再販」とは、中古の物件を買い取り、リフォームやリノベーションを施した後に売却する方法のことを指します。
そのため買取再販の場合、売却する相手は個人ではなく、不動産会社などの宅地建物取引業者ということになります。
また、買主側の立場では、購入する住宅は「リフォーム・リノベーション済みの住宅」ということです。
不動産の買取再販は、不動産会社が収益を得るための「不動産事業戦略の一つ」だといえるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却における「媒介契約」とは?種類ごとのメリット・注意点をご紹介

買取再販と不動産仲介業との違い

買取再販と不動産仲介業の明確な違いは、「売却する相手」と「不動産会社の収益」です。
不動産仲介業は、購入希望者を見つけて売買手続きや交渉のフォローをおこなうことを指すため、売主が売却する相手は不動産会社が見つけてきた個人です。
買取再販は、一度不動産会社が不動産を買い取った後に再度売却するため、売主が売却する相手は不動産会社となります。
また不動産仲介業の収益は、売買契約成立時の「仲介手数料」ですが、買取再販の場合は、「仕入れ値と販売額の差額」が収益となるのです。

▼この記事も読まれています
不動産売却時の必要書類とは?3つのタイミングで解説

買取再販業者に不動産を売却するメリット・デメリット

買取再販業者に不動産を売却するメリットは「すぐに現金化できる」ことで、デメリットは「売却額が相場よりも低い」ことです。
不動産仲介の場合は、買い手を見つけて売却が完了するまでに1年以上かかる場合もあります。
しかし買取再販の場合は、買取再販業者が直接買い取ってくれるため、すぐに売却が完了し、売却金を手に入れることが可能です。
ただし、不動産仲介を依頼して売却した場合と比べて、10~30%ほど売値が下がる点には注意しなければなりません。
不動産仲介の場合は仲介手数料が発生しますが、それを差し引いても買取再販業者への売却より利益が得られるケースがほとんどです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却するメリットやデメリットとは?リスクについても解説!

まとめ

不動産の「買取再販」とは、宅地建物取引業者が一度不動産を買い取り、リフォーム・リノベーションを施した後に売却する方法です。
買取再販と不動産仲介業では、「売却する相手」と「不動産会社の収益」に明確な違いがあります。
買取再販業者に不動産を売却する場合、すぐに現金化できるメリットがある一方で、売却額が相場よりも低いというデメリットもあります。
豊中市や近隣エリアで不動産を探すなら有限会社大黒住販にお任せください。
弊社では、ファミリー向けを中心に不動産を取り扱っています。
住まい探しのお悩み相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|「不動産買取」はどんな流れで進めたら良い?3つの場面ごとにご紹介   記事一覧   「一般団信」とは?要件や特約の内容についても解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEで友だち追加
  • 学区検索
  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社大黒住販
    • 〒560-0022
    • 大阪府豊中市北桜塚1丁目1-22
    • 0120-6152-15
    • TEL/06-6152-2000
    • FAX/06-6152-2001
    • 大阪府知事 (4) 第52058号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る