豊中市の不動産|有限会社大黒住販 > 有限会社大黒住販のスタッフブログ一覧 > 「不動産買取」はどんな流れで進めたら良い?3つの場面ごとにご紹介

「不動産買取」はどんな流れで進めたら良い?3つの場面ごとにご紹介

≪ 前へ|自宅を査定してもらう際にあると良い書類は?準備が必要な書類も解説   記事一覧   不動産の「買取再販」とは?不動産仲介業との違いも解説|次へ ≫

「不動産買取」はどんな流れで進めたら良い?3つの場面ごとにご紹介

「不動産買取」はどんな流れで進めたら良い?3つの場面ごとにご紹介

「不動産買取を考えているけど、何から始めたら良いのだろう?」とお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
不動産買取を成功させるためには、場面ごとでの流れをしっかりおさえておく必要があります。
そこで今回は「不動産買取」について、事前準備、契約締結前、契約締結後の場面ごとでの流れをご紹介いたします。

不動産買取流れ…「事前準備」

不動産買取をする場合、まずはそのエリアでの買取相場(どのくらいの買取額で取引されているか)を自分で調べてみましょう。
買取相場を自分で調べることで、不動産会社が妥当な査定額を提示しているかどうか判断することができるため、損をする可能性が低くなります。
次に、登記済権利書や間取り図・測量図など、不動産買取時の「必要書類」を集める必要があるでしょう。
必要書類は他にも、土地測量図・境界確認書や固定資産税納税通知書などが挙げられます。

▼この記事も読まれています
不動産売却における「媒介契約」とは?種類ごとのメリット・注意点をご紹介

不動産買取流れ…「契約締結前」

自分で買取価格の相場を調べ、必要書類を準備したら、不動産会社へ査定依頼を出しましょう。
不動産査定には机上査定と訪問査定の二種類がありますが、売却することが決まっているならば訪問査定を選ぶことでより正確な査定価格を出すことができます。
不動産査定をおこなって買取業者を選択したら、その会社と「買取条件の交渉」をおこなう必要があります。
条件交渉では、買取価格や引き渡し日、入金日、不用品処分などの条件を取り決めることが一般的です。

▼この記事も読まれています
不動産売却時の必要書類とは?3つのタイミングで解説

不動産買取流れ…「契約締結後」

双方が納得する形で条件の交渉がまとまったら、実際に売買契約を締結し、不動産の引き渡しと代金の支払いをおこないます。
売買契約を締結するタイミングでは、売買契約書の内容のすべてをしっかり理解できるまで確認するようにしましょう。
不動産の引き渡しと代金の支払いをしたら「不動産買取」は完了となりますが、最後に忘れてはならないのが「確定申告」です。
買取に限らず、不動産の売買をおこなった際の利益(譲渡所得)がプラスになった場合は、必ず確定申告をおこなう必要があります。
なお、不動産買取をした翌年の2月16日~3月15日までが確定申告の期限となっています。

▼この記事も読まれています
不動産を売却するメリットやデメリットとは?リスクについても解説!

まとめ

不動産買取をする場合、まずはそのエリアでの買取相場を自分で調べたのち、買取時の「必要書類」を準備しましょう。
その後、不動産会社へ査定依頼を出して取引する会社を選択し、買取価格や引き渡し日などの条件交渉をおこないます。
条件がまとまったら売買契約を締結して引き渡しと代金支払いで完了ですが、最後に確定申告を忘れないようにしましょう。
豊中市や近隣エリアで不動産を探すなら有限会社大黒住販にお任せください。
弊社では、ファミリー向けを中心に不動産を取り扱っています。
住まい探しのお悩み相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|自宅を査定してもらう際にあると良い書類は?準備が必要な書類も解説   記事一覧   不動産の「買取再販」とは?不動産仲介業との違いも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEで友だち追加
  • 学区検索
  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社大黒住販
    • 〒560-0022
    • 大阪府豊中市北桜塚1丁目1-22
    • 0120-6152-15
    • TEL/06-6152-2000
    • FAX/06-6152-2001
    • 大阪府知事 (4) 第52058号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る