豊中市の不動産|有限会社大黒住販 > 有限会社大黒住販のスタッフブログ一覧 > 離婚時の住宅ローンで確認することとは?誰が支払うのかも解説

離婚時の住宅ローンで確認することとは?誰が支払うのかも解説

≪ 前へ|老後に家が広すぎるときは住み替えよう!おひとりさま向けの住まいもご紹介   記事一覧   自宅を査定してもらう際にあると良い書類は?準備が必要な書類も解説|次へ ≫

離婚時の住宅ローンで確認することとは?誰が支払うのかも解説

離婚時の住宅ローンで確認することとは?誰が支払うのかも解説

離婚する夫婦の多くが「家」の処分方法に直面しますが、「売却」を考える方も少なくありません。
しかし、「住宅ローンが残っている場合はどうするの?」と不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、離婚時の住宅ローンで確認することや、住宅ローンの支払い義務、どちらかが住み続ける場合の住宅ローンについて解説します。

離婚時の住宅ローンで確認すること

離婚時に住宅ローンが残っている場合は、まず「名義人と残債を調べる」ことが大切です。
これは、誰に住宅ローンの支払い義務があるのか、また残っている金額はどれくらいなのかを明らかにするためです。
名義人は住宅ローン契約時の書類などで、残債は金融機関に問い合わせをおこない、確認しましょう。
名義人と残債を確認したら、「家の価値がどれくらいあるのか」を調べましょう。
これは、家を売却すべきなのか、もしくはどちらかが所有した方がいいのかの判断材料になるからです。

▼この記事も読まれています
住宅ローンが返済不可能なときどうする?対処法や任意売却についても解説

離婚時の住宅ローンの支払い義務について

離婚時には財産分与がありますが、基本的には所有している財産を半分ずつ分けることになります。
ただし、マイナスの財産については財産分与の対象にはならないため、住宅ローンの残債は財産分与されません。
では、誰が住宅ローン残債の支払い義務を負うのかですが、それは「住宅ローンの名義人」です。
つまり離婚時に住宅ローンの残債がある場合は、二人が折半して払うのではなく、名義人が離婚後も継続して支払っていく必要があるのです。
ただし、不動産売却で得られた売却額で住宅ローンを完済できる場合は、以降の返済は発生しません。

▼この記事も読まれています
住宅ローンが残っている不動産相続はどうなるの?対処法をご紹介!

離婚後にどちらかが住み続ける場合

夫がローンの名義人で、夫がそのまま住み続ける場合は、とくに必要な手続きなどは発生しません。
ただし妻が連帯保証人となっている場合は、夫が滞納すると妻が返済義務を負わなければならないことに注意が必要です。
離婚後に妻が住み続けることも可能ですが、その場合はローンの名義人を変更する必要があります。
変更しない場合は夫が支払いを続ける必要があり、もし返済が滞ると家を強制退去させられるリスクがあるからです。

▼この記事も読まれています
住宅ローンの返済期間の上限は?期間ごとのメリット・デメリットもご紹介

まとめ

離婚時に住宅ローンが残っている場合は、まず名義人とローンの残債額を確認したうえで、家の価値がどれくらいあるのかを調べましょう。
基本的に住宅ローン残債は財産分与されないため、原則として名義人が継続して支払いを続ける必要があります。
夫がローンの名義人でそのまま住み続ける場合は問題ありませんが、妻が住み続ける場合は名義人を変更するようにしましょう。
豊中市や近隣エリアで不動産を探すなら有限会社大黒住販にお任せください。
弊社では、ファミリー向けを中心に不動産を取り扱っています。
住まい探しのお悩み相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


≪ 前へ|老後に家が広すぎるときは住み替えよう!おひとりさま向けの住まいもご紹介   記事一覧   自宅を査定してもらう際にあると良い書類は?準備が必要な書類も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • LINEで友だち追加
  • 学区検索
  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社大黒住販
    • 〒560-0022
    • 大阪府豊中市北桜塚1丁目1-22
    • 0120-6152-15
    • TEL/06-6152-2000
    • FAX/06-6152-2001
    • 大阪府知事 (4) 第52058号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る